お歳暮の始まりと、最近の事情

subpage01

歳暮という言葉は、年末の意味を表す言葉でした。


期限は、日本古来の御魂祭りで、1年間お世話になった人に、お供え物を送り届けていました。

お歳暮はかなり有益な情報が揃っています。

これを歳暮周りといっていましたが、このお供え物そのものをお歳暮というようになりました。

歳暮周りをしていた頃は、新しい年を迎えるにあたって必要な保存のきく食品を送っていたそうです。

最近は、お世話になった人ばかりでなく、親しみを込めて、友人、知人、親族にもお歳暮を贈るようになりました。

その他、送る相手は、おけいこごとの先生、両親、仲人、会社の上司、取引先がありますが、会社によっては、像と遺品のやり取りを禁止しているところもありますので、注意が必要です。
お歳暮は、必ず、送らなければならないものではありません。送らなくても、失礼には当たりません。もともとは、訪問時間を打ち合わせて、先方宅に訪問して手渡すべきですが、お互いの都合がありますので、宅配便を利用する事が多くなりました。品物を手渡しする場合、デパートやお店の紙袋に入れてもいいのですが、丁寧にする場合は、風呂敷包みに包み直しましょう。


郵送や宅配便を利用する場合は、品物に挨拶状をつけるか、品物が届くより先に挨拶状を送りましょう。



贈られる品物も最近は色々とあります。高価なものでなくても、相手の好み、家族構成、年齢、人数を考えて、相手の喜んでくれるものを選びましょう。贈る時期は関東では12月初旬から12月31日まで。関西では12月13日から12月31日までですが、最近は11月下旬から12月20日ころまでに贈るようになっています。
ただ、お正月用の生鮮食品を送る場合は、逆に年末に近い方が喜ばれるでしょう。

お歳暮を頂いたならば、3日以内にお礼状を出しましょう。

贈った側は、品物が届いているかどうか不安に思っていますので、お霊の連絡は必要です。

親しい間がらなら電話やメールでのお霊でも十分です。