お歳暮を贈る時に気をつけたいこと

subpage01

歳暮とは年の暮を意味する季語ですが、日本ではお世話になった人々に対し、感謝の気持ちを伝えるために贈り物をする習慣として認知されています。

この時の贈答品のことをお歳暮というようになりました。
また、元来、お歳暮は相手の自宅を訪問して手渡しするのがマナーとされていましたが、近年では、共働き世帯が増えていることや、年末は人々が仕事納めなどで慌ただしくなる時期でもあるため、宅配便を利用して贈るのが当たり前となっています。また、お歳暮を贈る時期についても、現在は以前ほど厳しいルールではなくなっています。

元々、12月13日は正月事始めと言われ、すす払いや松迎えといった正月の準備を始める日とされていました。


このような風習から、お歳暮を贈る時期としては、12月13日から12月20日頃までがふさわしいとされてきたのです。

様々な分野のお歳暮情報を豊富に提供しています。

しかし、正月事始めの風習は、今では知らない方がほとんどです。

したがって、12月の初旬頃から贈答品を送っても、まず差し支えはありません。

逆に、年の暮れの忙しい時期に届くと、先方の迷惑になる可能性もあるため注意が必要です。


最後に、お歳暮の予算と贈るべきものでない商品について触れておきます。
まず、予算については、あまり高価な物を贈るようだと相手に気を遣わせてしまう可能性があります。
そこで、3000円から5000円程度の予算で送るのが一般的です。

一方、贈るべきものでないとされているものは、着用するものや現金・金券などが考えられます。



身につけるものを贈ると、みすぼらしい格好をしているという意味で誤解される可能性があり、現金・金券もお金に困っている人という解釈をされてしまう可能性があります。

また、相手の嫌いなものを贈ってしまうことも、可能な限り避けなければなりません。